Bow Wow Clubの店舗ページに移動
トップページに戻る
トップページ 企業概要 店舗特徴 モデル収支 加盟条件 お問い合せ
市場規模
  総務省の家計調査における1世帯当たりの年間ペット支出は1990年の7,884円から2004年には14,832円とほぼ倍増しました。この結果、ペットビジネスの市場規模は1兆192億円に成長し、ペット用品5,059億円、生体販売1,148億円、動物病院2,621億円、関連サービス837億円という規模となっています。

特に、犬はペットとして全国で1,252万頭(室内・屋外飼育の合計値)飼育されており、世帯飼育率は19.4%となっています。また、小型犬に生涯かかる費用が300万円とも400万円とも言われており、今後は犬の生体販売だけでなく、アフターケアマーケットの拡大が大いに予想されます。


産業構造
  ペットビジネスは人間を対象にした産業と類似点が多くメーカー、卸売、小売というサプライチェーンが形成されています。以前は、ペットに関わるサービス業は獣医業しか存在しないに等しかったのですが、ペットとの共生を望む飼い主の増加を受け、近年では多様なサービスが生まれています。

特にペットの美容や健康、快適性や高級感に関したサービス分野が活発であり、ペット向けのエステサロンやペット飼育の疑似体験ができるレンタルペット、飼育初心者を対象にした「しつけ教室」等が登場しています。


将来展望
  ペットビジネスの市場規模は拡大基調にあると言え、今後数年は1兆円強で推移するとみられます。人間向け商品をペット向けに転用するなど、異業種からの参入もしばらくは続く一方で、飼い主側のリテラシーが向上し、品質の悪い商品や知名度の低いメーカー・サービスの撤退が続くと予測されます。

したがって、今後は流通の近代化、IT基盤の整備、店舗オペレーションの改善、サービス面の改善などを実現できた企業が成長するものと思われます。


モデル商圏
  第1次商圏は2キロ圏内、第2次商圏は3キロ圏内となります。
ファミリー世帯が比較的多く、ペットへのコスト負担をいとわない層(バブルを楽しんだ主婦層等)が顧客ターゲットです。このような層が多く居住している地域での出店がお勧めです。
地域の生活道路の導線上の立地が集客には有効です。

したがって、今後は流通の近代化、IT基盤の整備、店舗オペレーションの改善、サービス面の改善などを実現できた企業が成長するものと思われます。

このページのトップへ
トップページ 企業概要 店舗特徴 モデル収支 加盟条件 お問い合せ